【PR】当サイトではレビューした商品のアフィリエイト広告が含まれています。

【2023年最新版】東南アジア周遊旅行におすすめのeSIMとSIMカードを比較!

東南アジア周遊旅行おすすめeSIMとSIMカード

東南アジア周遊旅行をしている時におすすめのeSIMとSIMカードって何?」と考えていますか?

東南アジア周遊旅行する際に利用できるeSIMとSIMカードを知りたいですよね!

本記事では様々な東南アジアの国に滞在したことのある筆者が東南アジア周遊旅行の際に利用できるおすすめのeSIMとSIMカードについて解説します。

本記事は次のような人におすすめです。

  • 東南アジア周遊旅行に行く人
  • 東南アジアで海外ノマドをする人
  • 東南アジアにバックパッカー旅に行く人

この記事を読んで、東南アジア周遊旅行で使えるeSIMとSIMカードを比較しておきましょう!

目次

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカード2パターンを比較

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカードは以下の2種類です。

  • eSIMに対応したスマホを持っている→airalo
  • eSIMに対応したスマホを持っていない→Flexiroam
【airalo】世界初のeSIMアプリを徹底解説!海外旅行で便利!
airalo
【世界約150カ国対応SIMカード】FLEXIROAM(フレキシローム)徹底解説!
Flexiroam
最安プラン1GBで$5500MBで$9
世界対応様々な国で使える様々な国で使える
事前準備日本から準備できる日本から準備できる
電話番号貰えない貰えない
詳細情報airaloの解説記事Flexiroamの解説記事
公式サイトAmazon
SIMカードの比較表
グローバル侍

すべてのパターンでSIMロックは解除されている必要があります。

airalo

airaloのメリットとデメリットは下記になります。

メリットデメリット
世界中に対応している
SIMカードを買う必要がない
ランが低価格
ランが豊富
24時間対応のカスタマーサポート
Airmoneyクレジットでプラン購入が可
期的にクーポンが発行
応機種が必要
SIMフリーじゃないと使えない
話番号はない

airaloの東南アジア周遊旅行のプランは下記になります。

データ有効期限料金
1GB7日間$5
3GB30日間$13
5GB30日間$20
10GB30日間$37
50GB90日間$100
100GB180日間$185

airaloのアジアのリージョナルプランで対応している国は以下の13カ国です。

インドネシア / カンボジア / タイ / フィリピン / ベトナム / マレーシア / ラオス / 中国 / 中国(マカオ) / 台湾 / 日本 / 韓国 / 香港

タイ、ベトナム、フィリピンなどの人気のある東南アジアの国々をしっかり網羅しています。

東南アジアを周遊するとなればある程度の期間旅行することになると思いますが、最大で180日間有効なプランもあるので便利です。

airaloのeSIMで快適なインターネット接続を体験

世界初のオンライン上で完結するeSIMアプリであるairaloの評判について、以下の記事で詳しく解説しています。

Flexiroam

Flexiroamのメリットとデメリットは下記になります。

メリットデメリット
界中で使用できる
ータ共有が可能
SIMカードが安い
ランが多い
期的にキャンペーンが開催される
eSIMに対応していない機種でも利用できる
100MB分が無料
eSIM対応機種であれば必要ない
SIMフリーでないといけない
話番号は付与されない

Flexiroamの東南アジア周遊旅行のプランは下記になります。

データ有効期限料金
500MB3日間$9
1GB3日間$16
1GB8日間$16.5
1GB15日間$17
3GB8日間$43
3GB15日間$44
5GB15日間$66
5GB24日間$68
7GB15日間$88
7GB24日間$90

Flexiroamの東南アジアのリージョナルプランで対応している国は以下の9カ国です。

ブルネイ / カンボジア / インドネシア / ラオス / マレーシア / フィリピン / シンガポール / タイ / ベトナム

11種類のデータプランが用意されているのでairaloよりも、最適なものを選びやすいです。

しかし、料金はFlexiroamの方が明らかに高いので、基本的にはairaloを使う方が良いと思います。

全世界対応SIMカードFLEXIROAM(フレキシローム)について、以下の記事で詳しく解説しています。

東南アジアのインターネット事情

インターネット普及率
アジア全体67.4 %
日本93.3 %
出典:Internet World Stats

2023年現在、東南アジアのインターネット状況は急速に発展しています。

特に、インドネシア、フィリピン、ベトナムではスマートフォンとモバイルデータの利用が増え、SNSやEコマースの利用も広まっています。

しかしながら、都市と農村部との間でデジタルデバイド(情報格差)が存在し、インフラ整備と高速ネットワークへのアクセスはまだ限られています。

さらに、インターネット規制や検閲も一部の国々で課題となっています。

東南アジアは世界的にもデジタル経済の急成長地域として見られており、将来的な可能性が期待されています。

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカードの比較まとめ

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカードについて解説しました。

  • 東南アジア周遊旅行でeSIM対応スマホがある人はairaloを検討
  • 東南アジア周遊旅行でeSIM対応スマホがない人はFlexiroamがおすすめ

東南アジアは物価が安く日本から近いので、旅行先として人気が高いです。

特に大学生や比較的若い人たちは、バックパッカーとして東南アジアを周遊することが多いです。

その際に今回紹介した、airaloやflexiroamがあれば、日本から準備したSIMにより現地で快適にインターネットを利用することができます。

ホテルにあるフリーWi-Fiで十分な人もいるかもしれませんが、出かけた先からGrabを呼ぶ時など外出時に気軽にネットが使えるので便利です。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます!

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカードについてよくある質問

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカードは?

東南アジア周遊旅行でおすすめのeSIMとSIMカードは下記の2パターンに分かれます。

  • eSIM対応機種を持っている人→airalo
  • eSIM対応機種を持っていない人→Flexiroam
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次